Malia

 Malia は,王立退魔神学園?に登場するキャラクタ。

  この設定記事は,「退魔神学園wikiキャラクタテンプレートVer0.5」に準拠。

設定情報

設定水樹子々奈
アイコンよっくん・K様制作
涼宮ハルヒ(光陽園学院エディション)を使用
等位なし
称号(a lie of violet)
イメージソング考え中
主な参加予定気まぐれ

被認知情報

被認知情報基礎リスト

通称Malia
通称読みマリア
愛称Malia、Marie
愛称読みマリア、マリー
外見特徴黒いドレス、長い髪
外見性別女性
外見年齢20〜23歳
種族
身長173cm
体重53kg
バスト89cm
ウェスト63cm
ヒップ88.6cm
髪型身長と同じ位長い。もう床につきそう。
前髪は左のほうが長く、左目が少し隠れる。
髪色菫色
顔の形標準。
吊り目。常に目を閉じているのでわからないが、開くと濃い紫色盲目。瞳に光はない
標準
標準
標準
肌の色色白
胸の形綺麗なおわん型
なで肩
平均よりは長い
靴のサイズ
視力盲目
利き手左利き
イメージ CV

外見

フリルのついた真っ黒なドレスに、ヴェールのついた黒い帽子をかぶっている。肌が完全に隠れていて、見えるのは顔だけ。顔の両目に縦に傷がはいっている。
かなりの美人。

呼称

何と呼ばれても気にしない。 例えそれがどれだけ酷い言葉であろうとも。

ただし、「ロマーヌ」と呼ばれるのは吐き気がするほど嫌い。

口調

「〜ですね。」「〜ですわね。」「〜ございます。」
丁寧な言葉遣い。一人称は「私(わたくし)」、二人称は「あなた」、「〜様」。
エリカ・アンジェリアの事は「Ericaさん」と呼ぶ。  

振る舞い

誰にでも平等に接する。落ち着いていて、近寄りがたい雰囲気を醸し出している。あまり感情を表に出さないので、何を考えているかわからないところはある。

生徒情報

生徒情報基礎リスト

学年なし
チューターなし
委員会なし
部活動なし
成績至って普通
得意な科目英語
苦手な科目国語

委員会活動

 (生徒会制度の再構成が完了した後に記述します。)

部活動

 (未定)

成績

普通。平均的。50点満点中30点が平均点だとしたら、33点ぐらいをとる。

人格情報

人格情報基礎リスト

通称Malia
通称読みマリア
本名Malia romane
本名読みマリア ロマーヌ
性別女性
実年齢19
生年月日1996年4月4日
血液型AB型
体質喘息持ち
出身
居住地エリカ・アンジェリアの家
技能
職業大学生
趣味特になし。
好きなもの文字を読むこと、エリカ・アンジェリア,殴られること、罵られること、蹴られること等。
嫌いなもの特になし。両親、実の姉
得意なもの傷の手当て等応急処置
苦手なもの運動
大切なものエリカ・アンジェリアからもらった手袋

環境・地位・財産

 

性格

優しい。誰とでも仲良くなりたいと思ってるし、友達沢山いるとうれしい。
ドがつくほどのマゾヒスト。
暴力を振るわれる事に快感を覚えている。




そう思わねば。思い込まねば。
私は殴られるのが好き。蹴られるのが好き。罵られるのが好き。好き。好き。

そう思わないと、
痛い。

生活

エリカ・アンジェリアの家に住んでいる。

人間関係

エリカ・アンジェリアと仲が良い。あっちは正直勘弁してくれと思っている。
マリアがエリカに会う度毎回毎回殴って蹴って罵ってと迫ってくるから。

生い立ち

戦闘情報

絶対的能力表

通称Malia
絶対的能力表 (ねこトトラにおけるメソッドを引用)
 攻撃系防御系
体格筋力体力耐久生命
66712
機敏性器用敏捷反応視力
156100
知性知識知恵集中精神
1372415
可能性魔力資質魅力幸運
017176

 絶対的能力表の意味は,ねこトトラメソッドによる絶対的能力表を参照すること。

学園戦闘基礎能力表

通称<人格情報欄の「通称」と同じもの>
各項目最大5,合計最大15(特別に許可されたキャラクタは17)
体力
(スタミナ)
技術力/魔力
(器としての総合力)
攻撃力
(主たる攻撃手法による)
防御力
(被撃時の耐久力)
敏捷性
(攻撃・回避共用)
12451

資質

能力

エリカにもらった菫色の光る指輪を左手の人差し指にはめている。
どういう仕組みなのかはわからないが、それをはめているとどれだけ傷を負っても直ぐに治ってしまう。(ただし昔つけられた傷、指輪をはめていない時につけられた傷は癒えない。)それから、もう一つエメラルドグリーンの色の指輪を中指にはめていて、風を多少操れる。そこまで広い範囲操れるわけではないが、自分の周りに吹いている風は自由自在。
眼がみえないため、風で周りの物事を把握している。

戦闘スタイル

自分の周りの風を操り戦う接近戦が得意なのだが、戦うのは好きではない。というか、戦っていても「戦闘をしている」という気は一切ない。
マリアは、最初の何分かとことん殴られる。とことんやられる。回復が追い付かないくらい、死ぬ寸前まで相手の攻撃を喰らう。死ぬ寸前まできてやっと反撃し始める。『お礼』として。
マリアはすべての人間が自分と同じように殴られたり蹴られたりするのが好きだと思っている。ので、相手にとことん攻撃してもらった『お礼』として、マリアは相手に攻撃をする。のだ。

マゾヒスト

マリアはマゾヒストで殴られたり蹴られたりするのは好きだしされると勿論嬉しい。興奮する。しかし、“罵ってほしい”等と思うのはエリカに対してだけである。恋愛感情ではないが、それに近しいものを抱いている。でも恋愛感情じゃない。
簡単に言うと、『マリアが罵ってほしいと自分から頼むのは』信頼しているもののみであるということ。
二度目だが、罵倒を受けるのは誰が相手でも嬉しい。

更新履歴

  • 2015.02.22 ページを作成。(水樹子々奈)

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-01 (金) 23:41:59 (1498d)