星龍焔月

注意:このページは作成中です

  星龍焔月は,王立退魔神学園?に登場する人物。退魔神学園高等部?1年生の生徒で,(未定:担任の名前を入れます)クラス。&color(#A90000) 現在 入学テストを澪先生から受けて それかは地道に修行を積んでいる  

 当キャラクターは学園に参加されるオリジナルキャラクターです。作成者以外は当ページの削除をしないようにお願いいたします。(白猫)

人格情報

本名星龍焔月
読み仮名せいりゅうえんげつ
通称星龍焔月
性別女性
実年齢1016歳
誕生日9月6日
出身ウインディア
居住地ウインディアの町外れの家
技能剣士
職業高校生
趣味読書、人のために何か努力すること
好きなもの紅茶,季節,静かな時間
嫌いなもの人を馬鹿にする人、弱い人を苛める人、1000年前の自分の住んでいた村を襲った人たち
得意なもの人の世話を焼くこと、家事(洗濯以外)
苦手なものお化け(斬れないから)
大切なもの星の形をした髪留めとサファイアの首飾り

(項目は増える可能性があります。現在検討中です。)

身体情報

通称星龍焔月
外見特徴蒼い目
性別女性
外見年齢16歳
実年齢1016歳
種族竜族(青竜)
血液型A型
身長148.9cm
体重35.2kg
バスト64.8cm
ウェスト47.5cm
ヒップ70.2cm
体格かなり身体が小柄
髪型髪の長さは腰まであり前髪は長くなく途中で星のアクセサリーを使って後ろで結んでいる
髪色銀に白が混ざった明るい感じ
顔の形若干丸顔
普段の目の色は水色 力を解放すると蒼色になる
細めでやや真っ直ぐ
少し高め
小さめ
ピンク色の薄い唇
肌の色淡いピンク色
胸の形お椀みたいな形
身長にしては結構長め
細い
肩幅は標準程度

 全体は頼りないイメージがあるけど そこそこに家事は出来る 印象としては悪い感じになってしまう

生徒情報

通称星龍焔月
所属学科魔法科
学年高等部2年生
担任(未定)
委員会生徒会
部活動なし

人物

 子供の頃(1000年以上も前)に亡くなった 青竜の子孫で今は二人の妹を持つ姉である 1000年間眠り続けていたので1000年前のことも少々忘れ気味  剣士?であり,父の遺言で王立退魔神学園に入学することになっていた

 今は学園に通いながら風雪と恋の世話をしている、姉としての面倒見は良く風雪と恋からは「焔姉様」、「焔姉さん」と呼ばれている。 今でもまだ1000年前に自分たちの村を襲った人たちを恨んでいる、1000年間眠ったままなので記憶と力は少しだけ不十分である。 黒竜王と白竜王を従える竜の王ではあるけれども全くとして自覚なしである。 黒竜王と白竜王には王にはもっとしっかりしてほしいと思われている。 今は騎士団の騎士隊長を務め厳しく指導している

性格

 能力のせいで性格が二つあり、片方の性格は何事にもしっかりしていて自分の実力は足りないから、まだまだ努力しようと思う真剣さがあり、妹二人や人を大切にしたいという優しい気持ちがある。

もう片方の性格は能力開放したときに入れ替わる人格で半分武士言葉になってしまったり 1人称が我になったりする、振る舞いとしては礼儀作法は完璧にこなす、1000年前のことを恨んでいるが人は絶対に守るという心がある

内面

 過去の自分の村(竜達の住まう村)が焼き払われたことは自分でも許せず怒り狂う反面もあるけれど、今の人間のことは大切にしておりしっかり人間を守ろうと言う概念があり、弱きものを苛める人にを許さないという概念もある

口調

 普段は敬語口調で喋り家族の人や騎士団の人たちには普通に「〜〜だよ、〜〜だね」という口調で喋る、一人称は「私」で他人には「〜〜さん」、先生には「〜〜様」風雪と恋は普通に「風雪」、「恋」と呼ぶ、能力を開放した時は一人称「我」になり、他の人には「〜〜殿、お主、貴公」となる

成績

 努力して毎日勉強してるので成績は何とか普通より少しはできている、特に理系の分野は結構得意である  

人間関係

 基本敬語で話すことが多い、しかし誰しも敬語ではなく妹の風雪と恋には普通に分け出てなく喋っている  (執筆中です。)

生活

 毎日早寝早起きを心がけており、いつものは朝起きたら、朝ご飯を作ることや洗濯をすることや家事をしている、そして学校に通いつも通りに勉強し、学校が終わったら、騎士団のお仕事をこなしている

生い立ち

 1016年前に青竜の元に生まれて、4歳の頃から父の青竜に剣術を叩き込まれる、しかし8歳の時に父の青竜が旅に出ており未だ消息は掴めていない、その時からそのとき(執筆中です。)

能力

魔法

 オールマイティーに全ての属性の魔法を使用することが出来る。 得意な魔法分野は炎の系統の魔法と風魔法で苦手な魔法は水の魔法と氷魔法。  ただ得意な魔法と苦手な魔法で威力の差がありすぎる、氷魔法においては相手の凍らせる威力が低すぎるため話にならないほどである。  一応武器に魔法を付与させる付与魔法は得意(付与魔法で攻撃するときは何故か雷魔法の魔法を付与しやすいので普段は雷魔法を使っている)のではあるが、ほとんど使わない

竜召還

 焔月は良く白竜王(エインフェリア)と白竜王(アルトハーゼン)を召還して戦う、最近は竜召還の時のデメリットが少なくなり助かっている(執筆中です。)

パートナー

 (執筆中です。)

アルティムオメガマター

 星龍焔月が戦闘中に使える力、二重人格なのでもう片方の性格が出て覇王としての力を秘め、その力は未だまだ計り知れない(ある意味一種の戦闘卿状態(執筆中です。)

戦闘

 ほぼ刀と魔術を併用して戦う、アルティムオメガマターは滅多に出ない、誰とでも全力で戦う、力押しではなくて頭をを効率よく使いその場の対応をして戦う、たまに後先考えずに攻撃するという癖がある

通常時の戦闘

 剣術と魔法を使い戦う、接近戦では剣術の刀を扱い、中距離と遠距離では魔術を扱う、得意な炎系の魔法を良く扱い移動をするときは風系魔法を扱い風魔法をを足に使い脚力を上げて速く走るようにする

本気を出した際の戦闘

 剣術も使うが、主に体術を専門として戦い、魔法の使う量が増える

アルティムオメガマター

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-18 (土) 07:01:22 (1893d)