称号配布規則

 称号配布規則は,ハル☆すたにおける,称号の配布規則を記載したものである。称号を配布できる役にある場合は必ず一読のこと。

称号の種類

 称号には,以下の3種類がある。

一般称号
殆どの部屋で適用される,最も基本的な称号。単に称号と書けばこれを指す。詳細は称号制度についてを参照。
自由称号
主としてなりきり雑談ルームで適用される称号。管理担当者が配布するのではなく,参加者が自ら決めて名乗る。詳細は称号制度についてを参照。
フリー称号
人に対して付与する称号であり,付与された場合,全てのキャラクタでその称号を使用することができる。必然的に,以後その称号は全てのキャラクタで付与できなくなるため,付与には慎重を期すべきである。

称号配布権限の範囲

 称号配布権限には,各々の役に関して範囲に差がある。それぞれの役における配布可能な称号は以下である。不明な場合は,設置運営者,運営監督者,統括管理委員へ相談すること。

 「東方Project」のキャラクタに付与する称号は別途特殊なルールを適用するため,その都度併記し,最後に「東方Project」のキャラクタに関する特殊ルールをまとめて掲載する。

 設置運営者は,全作品の一般称号,フリー称号を配布できる。

 運営監督は,東方Project を除く全作品の一般称号,フリー称号を配布できる。ただし,自らがあまり知らない作品のキャラクタへの称号配布は推奨しない。

 統括管理委員は,東方Project を除く全作品の一般称号,フリー称号を配布できる。ただし,自らがあまり知らない作品のキャラクタへの称号配布は推奨しない。

 管理委員は,東方Project を除く全作品の一般称号を配布できる。ただし,自らがあまり知らない作品のキャラクタへの称号配布は推奨しない。

 運営係は,各人毎に配布可能な作品が定められており,☆の後ろにあわせて表示する。詳細は管理制度についても参照のこと。

 運営係の称号配布可能範囲は以下の表による。

ハンドルネームけいおん!
☆K
涼宮ハルヒの憂鬱
☆H
らき☆すた
☆L
ミルキィホームズ
☆M
ボーカロイド
☆V
東方Project
☆T
桜來蓮華 ☆KHLMV☆K☆H☆L☆M☆V 
桜來夜魅 ☆KV☆K   ☆V 
D.E.A ☆L  ☆L   
花梨 ☆KH☆K☆H    
紅月詩音 ☆KHV☆K☆H  ☆V 
木枯蓮 ☆K☆K     
サラザァル ☆KV☆K   ☆V 
鈴雲雀優香 ☆KM☆K  ☆M  
尊徳 ☆K☆K     
茶々 ☆K☆K     
凪紗 ☆KV☆K   ☆V 
由羅々 ☆KV☆K   ☆V 

東方Project キャラクタ称号配布可能者

 東方Project のキャラクタへ称号を配布できる管理担当者は以下の通り。ここに名前がない場合は,どの役職であっても東方Project のキャラクタへの称号配布はできない。

  • 天狐
  • フィウ

称号決定に関するガイドライン

 称号は,基本的に称号配布者の独断で決定してよいが,以下には従うこと。

配布禁止称号

 次のような単語を含む称号は,配布できない。特別な意味を持つ単語として扱う。

  • ぱろぱろ
  • 主役
  • ヒロイン
  • 歌姫
  • 団長
  • マスター
  • ママン
  • 会長

 その他,作品内で特別な意味を持つ役職名を含む称号は,配布できない。

 また,以下の称号は,フリー称号として配布済みのため,配布できない。

  • 〔プリンセス〕
  • 〔長女〕
  • 〔次女〕
  • 〔三女〕
  • 〔図書委員〕
  • 〔癒しのチーフ〕
  • 〔氷魚とアメタマ〕

称号の考え方

 付与される称号は,以下の条件を満たさなければならない。

  • 称号被付与者のハンドルネームが判明している
  • 配布禁止称号に抵触していない
  • 機種依存文字を使用していない
  • 公序良俗に反していない
  • 単語を2つ以上用いている

 称号は,以下のような条件のいくつかを満たしたものが望ましい。

  • 称号被配布者本人の性質をよくあらわしたもの
  • 称号被配布キャラクタの性質をよくあらわしたもの
  • 独自性のあるもの

 この上で,称号配布者が称号を発案する。

 称号配布者は,適切な称号を思いつかない場合,或いは特殊な事情による場合,他の参加者あるいは称号被配布者本人に称号の案を募集することができる。ただし,この場合を除き,配布者自身が称号の発案を行うべきである。安易に他者の,特に称号被配布者の案を採用してしまうべきではない。称号配布者は,このルールを根拠に,称号の案の提供を断ってよい。

 複数のキャラクタでの称号を付与されている参加者に対し,称号被配布者の希望があれば,それぞれに共通の単語を使用することで,称号被配布者を明示する称号を配布することができる。しかし,称号被配布者からの希望がない場合は,こういった称号は配布できない。また,過度に共通の単語を使用した称号を配布すると,キャラクタよりも称号被配布者のイメージが先行してしまうため,配布にあたっては慎重を期するべきである。

 称号は,個性的かつ前衛的なものを否定しない。その称号を配布してよいか確信が持てない場合は,前例を踏まえるか,上級の管理委員に相談すること。

称号配布手順

 称号を配布する際には,以下の手順に従う。

  1. 称号被配布者が称号制度についての内容を把握しているかを確認する。
  2. 称号被配布者のハンドルネームを確認し,既に称号リストに掲載されているかを確認する。
  3. 称号被配布者が称号リストに初めて掲載される場合は,ハンドルネームの読みを確認する。
  4. 配布する称号を決定し,称号リストに掲載する。掲載方法は称号リスト編集規則を参照。

更新履歴

  • 2012.05.02 称号被配布者から自発的に行われる称号の提案についての対応を明確化。配布禁止称号を更新。(成瀬詩織)
  • 2011.05.15 称号の発案者に関する事項を追記。(成瀬詩織)
  • 2011.03.08 称号決定に関するガイドライン,運営係称号配布可能範囲表を掲載。(成瀬詩織)
  • 2011.03.07 称号配布手順を掲載。(成瀬詩織)
  • 2011.02.19 記事を作成。(成瀬詩織)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-02 (水) 13:27:17 (2272d)