称号制度について

 称号制度については,「ハル☆すた」のなりきりチャットで使われている,「称号」について説明した記事です。

 「称号」は,なりきりチャットで使われている,〔 〕(亀甲括弧)でかこっている称号です。なりきり雑談で使われている( )(丸括弧)でかこっている「自由称号」は別のものです。自由称号については,このページの下の方にある「自由称号について」を読んでください。

 チャットに慣れてくるころには,みなさん称号を受け取ることになると思います。お手数ですが,お早めにお読みください。

 この記事は,分かりやすくなるよう,称号の基本的なルールのみが書かれています。詳しく知りたいときは,称号を配布する人向けの記事ですが,称号配布規則をお読みください。

称号について

称号とは

 「称号」とは,キャラクタのなりきりをしている間,キャラクタの名前の後ろにつけておく二つ名のことを言います。たとえば,「涼宮ハルヒ〔おためし称号〕」という名前で参加している人がいたときには「〔おためし称号〕」の部分が称号です。

 称号は,管理委員から受け取って使うものです。自分で勝手につけることはできません。

称号制度がある理由

 「ハル☆すた」が始まってから1年ごろまでは,なりきりチャットをするときには,キャラクタの名前だけを名乗っていました。なりきりをしている間は,なりきりをしている人ではなく,なりきりをされているキャラクタが会話をしていると思うべきです。なので,誰がそのなりきりをしているかは分からなくてもいいと考えられていたからです。

 しかし,他の人のなりきりの癖や前の会話などを真似して,別の人がなりきりをしているように見せる,なりすましの事件が起きました。このときのルールでは,この問題を解決できませんでした。

 そこで考えられたのが称号です。称号をつけておくと,誰がそのキャラクタのなりきりをしているのか分かるようになります。なりきりをしている人をはっきりさせるだけなら,その人のハンドルネームを書いてもよいのですが,そうしてしまうと,なりきりの気分が失われてしまいます。称号は,キャラクタの特徴と,なりきりをしている人の特徴を合わせたものをキャラクタごとにつけます。そうすれば,称号はキャラクタに合わせたものになるので,なりきりの気分をそのままに,なりきっている人が誰なのかが分かるようになります。

称号のもらい方

称号を受け取るルール

 称号は,1人がなりきるキャラクタ1人ごとに,1つまで受け取ることができます。昔のルールで配布された称号で,特別に,1人がなりきるキャラクタ1人に,2つの称号がついていることがありますが,今のルールではふつうありません。

 なりきるキャラクタが何人もいる人は,キャラクタ1人ひとりに別の称号を受け取ることができます。ですが,あまりなりきらないキャラクタの称号をたくさん受け取ることはやめましょう。

 称号は,そのキャラクタでのなりきりがはじめてのときに受け取るものではありません。何度か同じキャラクタでなりきりを試してみて,これからもそのキャラクタでのなりきりを続けようと思ったときに,もらうようにしてください。管理委員が何度か姿を見かけたら,管理委員から称号を配布すると思いますが,なかなか称号をもらえないときは,称号が欲しいと管理委員に伝えてください。

 称号をすぐに配布しない理由は,あまりなりきりをしないキャラクタにも称号を配布していくと,称号に使える言葉がなくなってしまうからです。称号は,そのキャラクタをよく使う人に配布することとなっています。もちろん,いろいろなキャラクタでのなりきりをよくするのなら,たくさんのキャラクタで称号を受け取っても問題ありません。1人が(いろいろなキャラクタで)もらう称号の数に限度はありません。

 称号を受け取るときには,ハンドルネームを伝えてください。ハンドルネームについては,チャットの基本ルールで説明しています。称号を誰からもらったかは,メモしておくようにしてください。

称号を配布する人

 称号を他の人に配布できるのは,称号の後ろに 〔L-SEED〕 ★+ ★ ☆+ ☆ の記号がある人(たとえば,涼宮ハルヒ〔おためし称号☆〕)です。ただし,これらの記号をつけられる人でも,参加するときに記号をつけていないときもあります。記号をつけていないときでも,本来つけられる人なら称号は配布できます。分からないときは,周りの人に声をかけてみてください。

 称号を配布できる人は,称号がついていない人のなりきりを何度か見かけとき,称号をつけるか声をかけます。そのときに,そのキャラクタでなりきりを続けるので称号をもらいたいか,まだそのキャラクタでのなりきりを続けるか考え中なので今は称号をもらわないか,返事をしてください。

 何度も同じキャラクタでなりきりをしているのに,タイミングが悪く,なかなか称号をもらえないときもあります。そのときには,称号を配布できる人に声をかけてください。

 そのキャラクタでなりきりを続けることにしたら,称号はもらうようにしてください。あまりにも長い間,称号をもらわないままなりきりをしていると,トラブルの元になります。

 一度受け取った称号が取り上げられることは,ふつうありません。また,一度受け取った称号は,変えることもできません。称号を受け取るときには,その称号でよいかよく考えてください。

称号の決め方

 ふつう,称号は,キャラクタの特徴と,なりきりをしている人の特徴を合わせたものにします。

 短い称号は,他の人と似たような称号になりやすく,ややこしくなるので,つけることはできません。また,称号で特別な意味をもつ単語があり,そういった単語を入れた称号はつけることができません。使えない単語には,「ヒロイン」「マスター」「主役」「ぱろぱろ」などがあります。

 基本的に,称号を考えるのは称号を配布する人です。まず,称号を配布する人が称号の案を考えます。それに対して,称号を受け取る人は,そのままでよいか,変えてほしいところがあるかを伝えてください。変えてほしいところがある場合は,称号を配布する人が,別の案を考えます。ただし,案を何度もことわることはやめてください。称号を配布する人によって,どのような称号を思いつくかには違いがありますが,あまり気にすることはありません。

 何かのキャラクタで称号を持っている人が,別のキャラクタで称号を受け取るときには,今持っている称号と似た称号にして,同じ人であることを分かりやすくすることができます。ただし,これは必ずしなければならないわけではありません。たとえば,今 高良みゆき〔おためし眼鏡っ娘〕 という称号を持っているとします。このとき,「おためし」という単語を希望して, 柊かがみ〔おためし優等生〕 のような称号を受け取ることができます。ただし,その単語が多くの人によって使われているときは,分かりにくくなるので,希望することができません。

称号の使い方

称号の付け方

 称号は,称号を配布できる人から受け取ったものしか使えません。

 称号は,キャラクタの名前の後ろに〔 〕(亀甲括弧)でかこんでつけます。たとえば,涼宮ハルヒで〔おためし称号〕という称号を受け取っているとします。すると,涼宮ハルヒのなりきりをするときには,名前に「涼宮ハルヒ〔おためし称号〕」と入れて,チャットに参加します。

称号を使える範囲

 1つのキャラクタで称号を受け取ったら,そのキャラクタが使える部屋ではどこでもその称号を使うことができます。たとえば,ハルヒ部屋で「涼宮ハルヒ〔おためし称号〕」という称号を受け取っているとします。このときは,オールジャンル部屋(ボカロとアニメと幻想郷)でも「涼宮ハルヒ〔おためし称号〕」を使うことができます。

 称号は,受け取ったキャラクタでしか使うことができません。たとえば,涼宮ハルヒで〔おためし称号〕という称号を受け取っているとします。このとき,〔おためし称号〕を使うことができるのは,涼宮ハルヒだけです。他のキャラクタで,例えば「長門有希〔おためし称号〕」「平沢唯〔おためし称号〕」などでチャットに参加することはできません。

注意事項

  • 称号を持っていても,他の人に称号を配布することはできません。称号を配布できるのは,〔L-SEED〕 ★+ ★ ☆+ ☆ の人だけです。
  • 称号は,必ず〔 〕亀甲括弧でかこんでください。ただし,PSP や DS から参加していて,〔 〕亀甲括弧が使えないときは,「 」鍵括弧でかこんでください。
  • 称号は集めるものではなく,使うものです。新しい称号を受け取ったからといって,それまでのキャラクタ・称号で参加しなくなることはやめて下さい。称号は大切に使ってください。
  • 称号をもらう数に制限はありません。たくさんのキャラクタでなりきりをする人は,それらの全てのキャラクタで称号を受け取っても問題ありません。しかし,短い間に称号を次々ともらうことはやめてください。

フリー称号について

 一部の人には,その人であれば全てのキャラクタで使える「フリー称号」が配布されています。フリー称号は,称号リストでハンドルネームの下に書かれています。フリー称号は,どのキャラをなりきりしているときでも,その人であることが分かったほうがよいとき(たとえば,兄弟姉妹などで参加していて,IPアドレスが同じになってしまう,管理上の相談を受けるためにその人であると分かりやすくしたい,など)に配布されています。ですから,フリー称号があっても,キャラクタごとの称号が別に配布されることもあります。

 多くのキャラクタのなりきりをするからといって,フリー称号を使うものではありません。そのときは,それぞれのキャラクタで称号を受け取ってください。

自由称号について

 一部の部屋(特に,なりきり雑談部屋)では,自由称号制度が使われています。自由称号は,自分で好きに決めた称号を名乗れる制度です。普通の称号が〔 〕亀甲括弧であることに対して,自由称号は( )丸括弧でつけます。自由称号は,自由称号制度が使われていると書かれている部屋でしか使うことはできません。

 自由称号が使える部屋には,普通の称号も使える部屋と,普通の称号が使えない部屋があります。それぞれの部屋のルールを読んでください。

更新履歴

  • 2012.05.02 自由称号に関する事項を追記。(成瀬詩織)
  • 2012.05.01 フリー称号に関する事項を追記。文面を全体的に改訂。(成瀬詩織)
  • 2012.04.30 微細な表記を変更(ルールの変更はなし)。(成瀬詩織)
  • 2011.05.15 称号の発案者に関する事項を追記。(成瀬詩織)
  • 2011.03.07 文面を全体的に改訂。(成瀬詩織)
  • 2011.02.19 「称号をもらう人,もってる人が読む文章(よっくん・K)」をもとに,記事を作成。(成瀬詩織)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-02 (水) 06:48:40 (2210d)