連載小説
[TOP][目次]
第2回 実戦「EMPIRE’S EDGE」コンクエスト  パート2
パート1の続き


あれから数分が経ち敵の勢いも激しさを増す敵がD拠点を奪取しけいすけ達地上軍は挟み撃ちの状態になりつつあった


ラブリっち「大変!このままじゃ挟み撃ちにあっちゃう」

たけお「結構相手はしぶといな…俺達も援護するぞ3番席準備」

ラブリっち「いつでもいいよ」

たけお「高度落とすぞ旋回飛行開始。撃ちまくれ」

ラブリっち「任せて」

機関砲を使って敵を倒していく

敵A「くそっ…またあの爆撃機か…」

敵B「撃ち落としてやる」

敵が対空砲につく

ラブリっち「たけお敵の対空砲が…」

たけお「回避飛行!!」

たけおが乗る爆撃機は危なく危機から逃れられた

けいすけ「たけおそっちは大丈夫か?」

たけお「危なくやられるところだった。もうだめかと思ったぜ」

ラブリっち「結構ぎりぎりで逃げられたね。相手も私たちを警戒してきてる」

まめっち「敵の対空砲は…あそこですね!照準よし!発射!!」

B拠点で動いていた敵の対空砲を無力化させる

敵「戦車か…見ていたか」

まめっち「敵の対空砲を無力化しましたよ」

たけお「ナイス!まめっち」

ふらわっち「だけど…あの奥からの攻撃がきついかも…味方の戦車が全然進めない…」

けいすけ「奥?…もしかして要塞砲か」

ふらわっち「多分それだと思うその攻撃で戦車や歩兵がやられてるの」

ゆめみっち「あれをどうにかできればいいんだけど」

キラリっち「たけお達でどうにかならない?」

たけお「お安い御用!そのための爆撃機だ」

ラブリっち「修理も終わったからいつでも大丈夫よ」

たけお「まめっち、けいすけすまないが戦車の排除は任せた」

けいすけ「OKくれぐれも慎重にな」

まめっち「わかりました。ま、まずいです!歩兵と戦車がCの方まで近づいてきました」

二方向から敵の戦車と歩兵が進軍していく

ふらわっち「二方向から来てる…さすがにきついかも」

ゆめみっち「味方も下がり始めてる」

キラリっち「一旦体制を整えた方がいいと思うよ」

けいすけ「わかった。一旦引いたら俺たちの分隊でDの確保に向かうぞ」

みんな「了解」

その頃たけおの分隊は要塞砲の排除へと向かっていた

たけお「後ろに敵機はいないな?」

ラブリっち「大丈夫。味方の戦闘機が戦ってる」

たけお「OK。爆撃アプローチ開始」

ラブリっち「進路問題ないよ」

たけお「くたばれ要塞砲!!爆弾投下!!」

要塞砲を完全に破壊する

たけお「よっしゃあ!!」

ラブリっち「爆撃成功だね」

敵「要塞砲が破壊された…3分も経たずにか…化け物か……」

たけお「けいすけこちらたけお敵の要塞砲を完全に破壊した」

けいすけ「やったな!これで歩兵や戦車が進みやすくなった!感謝せざるを得ないな」

ふらわっち「さすがたけおね」

まめっち「ありがとうございます。これで前進しやすくなりました」

たけお「ラブリっちあとは君の仕事だ。高度よし旋回飛行」

ラブリっち「援護するよ」

3番席で地上を援護する

するとまめっちの戦車の近くに歩兵が集まってくる

まめっち「わわっ…敵が集まってきました」

けいすけ「歩兵は任せろ」

けいすけは前へ出て敵を倒していく

ふらわっち「任せて」

LMGで敵を倒していく

ゆめみっち「私達も援護しよう」

キラリっち「もちろん!ふらわっちバックアップするよ」

ゆめみっちとキラリっちがふらわっち達を援護する

けいすけ「うわっ…やられた…」

けいすけがダウンする

ふらわっち「きゃあ!対戦車ロケットガンの直撃を喰らっちゃった…」

ふらわっちもダウンする

ゆめみっち「まめっち少し前に出られそう?」

まめっち「大丈夫です。たけおさん達の援護でなんとか」

まめっちが前に出る

ゆめみっち「まめっちごめん前にスモークを焚くね」

まめっち「わかりました」

キラリっち「二人とも待っててね!はい!お注射」

ゆめみっち「元気にな〜れ!」

二人を蘇生する

けいすけ「ふぅ助かった…ありがとう」

ふらわっち「ありがとう蘇生してくれるの本当に助かるわ」

たけお「今の内にD拠点に向かうんだ!!」

けいすけ「わかった」

けいすけ達は一度引きD拠点へと向かった

ふらわっち「D拠点今のところがら空きみたいね」

けいすけ「お、あそこに火炎放射器兵キットが置かれてるぞ」

火炎放射器兵キットとはエリート兵と呼ばれる兵科のひとつで火炎放射器を使って敵を炙ったりすることができる。また他の兵士よりも撃たれ強くなる。しかし銃剣や格闘武器、車両などに弱い

ふらわっち「でも私が取っちゃうと戦車を修理できなくなっちゃうし…」

ゆめみっち「じゃあ私が取るね」

キラリっち「大丈夫?ゆめみっち」

ゆめみっち「任せて!これで敵をベーコンにしちゃえばいいんでしょ?」

ものすごく怖い発言をする

ふらわっち「ゾッとしちゃった……ゆめみっち達が味方でよかった」

たけお「恐ろしいこと言うな……心臓が飛び出るところだったぞ」

ラブリっち「ちょっと怖いよ…ゆめみっち……」

ゆめみっち「あ、アハハ…」

ゆめみっちは火炎放射器兵キットを取る

キラリっち「じゃああたしがゆめみっちをサポートするね

ゆめみっち「うん。お願い」


チケット 450対750 オーストリア=ハンガリー帝国軍優勢


その後敵に巨大兵器(ドレッドノート戦艦)が戦力に加わる


パート3に続く

21/03/04 21:55更新 / エムビー
前へ 次へ

TOP | RSS | 感想 | 目次

まろやか投稿小説 Ver1.53c