連載小説
[TOP][目次]








鴉になってしまった私の影に包まれて、姿が変わった私。
力が溢れ出る感覚の他に、私の今の状態についての情報、私の影から出来た鴉、あの結晶のこと。そして…目の前にいる天使達の"弱点"が、頭の中に流れ込んできた。

あの結晶は「思念石」と呼ばれる物……思念石を所持している物の一番強い思念が極限まで達した時、所有者に適合する。恐らく私の「自分がどうなってもいい、皆を護れる力が欲しい」という思念に反応した…そう、【不屈】の思念に。

あの鴉は「黒影」、適合者のイメージ、若しくは強く関係している物に姿を変える。私は鴉天狗だから、鴉になったのだろう…。

そして、今の私の状態のことを「黒装」と呼ぶ。適合するきっかけとなった思念を強く持ち、黒影と一体化した姿のことだ。まだこれくらいのことしかわからないが、底知れない力を感じる…。


そして…奴等の弱点。
よく見ると奴等の体に、思念石に似た結晶がついてる。あれが弱点だ……あれさえ壊せば…!!




文は右手に力を集め、一番近くにいる天使の結晶を掴む。
文「…!!」
天使が抵抗する暇も与えず、結晶に圧力をかけて砕く。結晶が砕かれた天使は、その場に倒れて消滅してしまう。

やっぱり、この結晶を破壊すれば消滅する!
コイツ等の弱点もわかった…これなら…これならいける!!

「All-out Attack…!!」
武器を持たない天使…上位天使が、他の天使達に指示を出す。指示を出された天使達は文に銃口を向け、一斉に発砲する。文目掛けて複数の弾幕が飛んできて、砂煙があがる……。
天使達の銃の弾が無くなり、弾が装填されるのを待ちながら砂煙の中にいる文をじっと見ている…。
砂煙が晴れた時…

「……!!」

そこには、黒く大きな翼に包まれた文の姿があった。先程の弾幕は文に命中しておらず、全て翼で防いでいた…。
翼を広げ、翼から黒い羽を複数放つ。前方の天使達に命中し、羽が黒い炎に変わり全身を燃やし始める。体にある結晶に炎が移るのに、時間はかからなかった。

「Attack…!!」
再び天使達が銃を向け、引き金を引く。だが……弾幕が出ない。何度も引くが、「カチッ」という音が鳴るだけ…

文「…どうやら、弾切れのようですね。」
再び翼を広げて、空へ舞い上がる。
文「当然です、そんな高火力の弾幕を何発撃ったことか…!」
文の右手に影が集まり、1枚のカードになる。



文「黒符【天狗道の開風】!!」


天使達目掛けて、黒い竜巻を放つ。その竜巻は、本来ののスペルカードの竜巻を遥かに超える大きさ、触れた物全てを切り裂く程の威力だった。
当然、天使達は逃げる間もなく竜巻に飲まれる。全身を絶え間なく切り裂かれていき、結晶が壊されるのに、時間はかからなかった。
竜巻が止んだ時、天使達の姿は無かった。恐らく、消滅したのだろう…だが…


「…Dan…ger……」
上位天使が生き残っていた。身体中、先程の竜巻で斬られた時にできた怪我があり、頭にある結晶もほとんど壊れていた。
上位天使がこちらを涙目で睨む中、文は地上へ降り立ち天使にゆっくりと近づいていく。

文「…まだ、やりますか?」
そう言うと文は、右手を前にかざして黒炎を集めていく…。

「…!!!」
それを見た上位天使は青ざめた顔になり、文目掛けて光を放つ。ダメージはないが、前が見えない…。


文「………。」
光が消えた頃には、天使の姿が無かった。恐らく、逃げたのだろう…。
もう周りに天使がいないことを確認すると、黒装化を解いて、文の体から出た黒影は文の影に戻る。
文は近くの木へ移動し、木に背を当ててそのまま座る。

文「…どうやら…力が強力な分…反動も大きいようですね…。」
本来の能力である、風を起こす能力も使えそうにない…当然、こんな状態でもう一度黒装化は無理だろう…。
右手の手のひらを自分の顔の方に向けて、思念石を出す。それを、顔の高さまで持ってくる…




この思念石で、あの天使達に対抗できる力を得ました…けど、これは一体…誰かがこれを創ったのでしょうか…天使達にも思念石があるということは、敵がこれを?だとすると、何のために?わざわざ、自分達が不利になるような物を創るのはおかしい…じゃあ、天使達とは関係のない誰かが…?


文「…ん?」
思念石をじっと見てはいるが考え事をしていたため、気づかなかったが…手のひらサイズの鴉の姿をした黒影が、思念石のに止まって思念石の先を嘴で突っついている。
文「あぁ、食べちゃダメですよ。流石に、もう一度あの姿になったら倒れちゃいますからね…。」
苦笑いしながら自分の黒影にそう伝えると、黒影は文の肩まで移動して、肩に止まる。

文「…少し、休んでから…行きますか…。」
思念石を消して、軽く空を見上げながらそう呟いた…。





























同時刻、迷いの竹林にて
妹紅「あー…腹減ったなぁ…。」
迷いの竹林の中、そんなことを呟いている藤原妹紅。
妹紅「まだ、干し柿あったっけ?」
そう呟くと、永遠亭の方へ向けて歩き始める。

妹紅「輝夜とか、てゐ辺りが(干し柿に)悪戯してねーだろうな…まぁ、それでも食うけど。」
妹紅は不老不死であるせいか、その食べ物に毒が含まれていたり、何か有害な物があっても普通に食べるのだ。

妹紅「…いや、てゐはないか。なんか最近、妙に大人しいし……鈴仙からも、悪戯されることが無くなったって言ってたし…。」
最近のてゐの行動を思い出しながらそう言うが、妹紅からすれば「まぁ、ちょっとは大人になったんだろう。見た目は子供だけど」程度にしか思っていなかった。



妹紅「それより、干し柿を……ん?」
ここで、何か異変に気づき足を止める…。
妹紅「…血の臭い…?永遠亭の方から…!?」
血の臭いに気づけば、急いで永遠亭に向かう。

少しだけなら、永琳が何かしたのだろうと思うが…永遠亭こら離れたこの場所からでもわかる程だ。複数の血が混ざった、臭いが…












妹紅「…なんだ、これ…!」
永遠亭について、そこに広がっていた光景は……血があちこち飛び散り、地面には切り刻まれたウサギの死体が転がっていた…。
よく見ると、永遠亭の中にも血が見える…それを見ると、永遠亭の中に入る。

妹紅「おい!!何があった!!」
永遠亭の中に入り、声をあげるが……返事が返ってこない。永琳、輝夜、てゐがいると思うのだが…

誰かいないか、探し始める妹紅。だが、どの部屋を見ても…切り刻まれた死体や、血で染まった部屋しかない……どこにも、生きている人がいない…。

妹紅「誰か、誰かいねーのか!!」
声をかけながら探しているのだが、相変わらず返事が返ってこない。静寂だけが、鳴り響いている…。

妹紅「…一体、誰が……。」


























…も…こう………








妹紅「…!!」
後ろから、弱々しい声が聞こえた…何度も聞いた声だ…。
後ろを振り返ると、そこには…


妹紅「輝夜!!」
そこには、血を流しながら這いずって、こちらに来てる輝夜がいた。
妹紅「輝夜!なにがあったんだ!!」
輝夜を仰向けにして、体を支えて起こしながら聞く。輝夜は、光がなくなった目で妹紅を見る。
だが、起こしたとき…何か違和感があることに気づく。その違和感があるであろう場所へ、目を向ける。

妹紅「…お前…足が…!!」
そう、輝夜の両足が無かった。自分も含め、輝夜や永琳は不老不死…斬られても復活するはずなのだが、復活する様子がない…。

輝夜「…永琳が……死ん…で…っ……。」
目から大粒の涙を流しながら、妹紅に永琳が死んだことを伝える。本来あり得ない話なのだが…輝夜の姿が、真実だと言うことを物語っている。
妹紅「誰が、こんなことを…!」
怒りに満ちた表情でそう呟く妹紅。すると輝夜が目を見開き、何かに怯えた表情で小刻みに震え始める。

妹紅「…?どうした…?」


輝夜「妹…紅………











































う……し…ろ……」





























鈴仙「はぁ…薬、全然売れなかったなぁ…。」
数時間前、人間の里で薬を売っていたのだが…全然売れなかった様子。迷いの竹林を歩きながら、呟いている。
鈴仙「師匠に、怒られるだろうな…嫌だなぁ……。いや、薬の実験にされちゃうのかな…。」
帰ってから、薬が売れなかったことを知られてからの悪い予想が、いくらか思い付く…これから嫌なことが待っているとわかっているため、とぼとぼと歩いている…。


だが、待っていたのは……

鈴仙「…?なんだか、永遠亭が妙に赤いような…それに…血の臭い…?」
遠くから見える永遠亭を見て、血の臭いに気づけば走って永遠亭に向かう。








鈴仙「…!!?」
鈴仙を待っていたのは、複数の死体……その中に、永琳、輝夜、妹紅の死体もあった…。
鈴仙「お師匠様…!みんな!」
三人の死体に近づく…三人は、頭、体を縦に半分、四肢の…7つに斬られていた。
死んでいる、不老不死の三人が…死んでいる。
何がなんだか、わからなかった……何もわからないまま、死体から流れる赤い華が咲き乱れている中、呆然と立ち尽くした…。


ふと、屋根の上に気配があることに気づいた。鈴仙は、ゆっくりと…上を見上げた……。














































屋根の上にいた何かは、何処かへ飛んでいってしまった……。



つづく
20/09/19 15:50更新 / 青猫
前へ 次へ

TOP | RSS | 感想 | 目次